「三国志大戦M」100を超える三国時代の英傑たちの超本格対戦型カードRPG

sangokushi-taisen-mobile

歴史シュミレーションゲームの代表作と言っても過言ではない三国志。アーケードゲームでは多くのファンを獲得した三国志大戦がスマホアプリとして帰ってきました。年配の方から若い方まで歴史が好きな方には必ずと言っていいほど満足いただける内容になっています。知的な戦略を駆使してカードゲームに勝利しよう!

三国志大戦Mとは

三国志大戦Mは歴史シュミレーションゲームとは違い、オンライントレーディングカードゲームというくくりになっています。戦略型カードRPGゲームとも呼ばれていますね。

内容としては三国志大戦に登場した素材がカード化されており、それを使い、組み合わせることで史実上の戦いに挑んでいくというものになります。

おすすめポイントとしていくつかご紹介していきましょう。

①三国志大戦の素材を活かす

三国志大戦Ⅿは人気オンラインゲームである三国志大戦のライセンス許可を受けた会社が開発したものになっています。ややこしいですがつまりは三国志大戦で使われていたキャラデザインや戦場、キャラボイスなどをそのまま引き継いで使っているという事になります。過去に三国志大戦をプレイしていた方にはハマること間違いありません。懐かしさも感じていただくことができるでしょう。

②本格派イラストレーターが描くキャラデザイン

三国志大戦Ⅿには150名以上のキャラクターが登場します。それらのキャラクターは本格派の人気イラストレーターが描いています。風間雷太・タカヤマトシアキ・日野慎之助など実力人気ともに申し分ない方々が担当しています。一目見て完成度が非常に高く、キャラごとの特徴を感じ取ることができました。単純にイラストを見て楽しむこともできるくらいの仕上がりです。

③声優陣

先程も述べた通り150ものキャラクターが存在する三国志大戦Ⅿ。イラストレーターも豪華でしたが声優陣も多くの人気声優が担当してくれています。迫力あるボイスを堪能でき、ゲームにのめり込んでしまいそうになります。

④バトルは戦略が大事

最大9人の武将を使い部隊を編成し、バトルをしていきます。一般的なRPG では個々の能力が重要で、それにより勝敗が決まるような設定のものが多いですよね。しかし三国志大戦Ⅿでは武将個々の能力よりも戦略が重要視されます。戦略と言っても様々あります。まずは部隊の種類です。騎馬・槍などで特徴も違いますし相手との関係性もあります。その部隊の配置や移動も関係してくるのです。最後に武将のアクティブスキルやパッションスキルが加味されます。このように緻密な戦略を立てて攻略していくゲームになっています。

三国志大戦Ⅿの武将紹介

それではゲームのメインとなる武将についてお話していきましょう。オススメの武将は多くいるのでピックアップして紹介していきますね。

①呂布 UR

呂布は武の価が最高となっています。史実で猛将として名を馳せただけあってこれには納得です。高い攻撃力を駆使しての計略、天下無双は大ダメージに加え封印効果も付いてきます。ダメージを与え相手の行動も制限する技になっています。呂布は何といっても攻撃力が魅力の武将です。

②諸葛亮 UR

諸葛亮は武以外の能力がトップクラスを誇っています。特に知力が高く、いわゆる軍師タイプの武将です。計略である蒼天万象の導きは攻撃と回復の両方をこなすことができます。非常に万能なタイプの武将ですから諸葛亮を外すという選択肢はないはずです。

③孫権 UR

孫権は自軍の武将や自分自身の回避率を上げ、敵の攻撃を回避することを得意とする武将です。計略である若き王の手腕は敵全体にダメージ、さらには自軍全体の回避率を上昇させることができます。強力な部類に入る計略を持つ孫権はおすすめの武将の一人として挙げておきます。

④劉備 UR

劉備は自軍の蜀武将を強化する計略を持っています。また、槍兵の攻撃力をあげることもできます。ですから、劉備を使う際には蜀の槍兵を中心としたデッキ構築をすることがオススメです。劉備の能力を最大限活かすことができます。

⑤曹操 UR

曹操は魏の武将の攻撃力をあげる計略を使うことができます。元から高スペックを誇る曹操は魏中心のデッキを組む際にメインとして使うことになるでしょう。

まとめ

今回は大人気ゲーム三国志大戦の流れをくむ三国志大戦Ⅿについてご紹介させていただきました。豪華な声優陣やイラストレーターの作り上げる世界観を体験すればカードを眺めるだけでも楽しくなってしまいそうです。

もちろん本編のカードバトルにおいても緻密な戦略を立てて相手を撃破する楽しみはGOOD です。歴史ゲームならではの戦略を組み立てて戦う要素が最大限盛り込まれている印象でした。

ランクごとに様々な武将が用意されており、レアカードを引いた時の興奮は病みつきになってしまうかもしれません。歴史好きにはとにかくおススメのゲームアプリですね。